宣伝会議賞、ファイナリストにインタビュー!

一年が経つのは、早いですねぇ。ヒヒ馬です。宣伝会議賞は今年で55回目。自分が生まれる前からやっていたコンテストに、こんなに夢中になるとは、思わなかったなぁ。作文なんて、めちゃくちゃ嫌いで、書くのって面倒くさいなぁ。と子供の頃は思ってました。そんな自分が、言葉の世界に惹かれるなんて、思いもしませんでした。(ラジオCMを、言葉の世界といっていいのか疑問ですが、笑) というわけで、今回は宣伝会議賞、セメダインのCMでファイナリストまで進んだ、小笠原さんに、インタビューしました!その作品が、こちら! 「地球防衛軍」篇(テレビCM)宇宙から円盤のようなものが攻めてくる各地で報道され、地球はパニックになる。円盤が、地上に降りる。地球防衛軍の隊員たちが、円盤の扉に何かを塗る宇宙船からの声:なに、開かない!(宇宙語)得意げに「セメダイン」を持ち、笑う地球防衛軍ナレーション:進化は、宇宙を超えた。「セメダイン」 なんといっても「セメダイン」と「宇宙」のギャップが、際立っていいなぁと思います。最後の「進化は、宇宙を超えた」というコピーが、よくある誇張のコピーではなく、本当に宇宙船で使われる道具であって、ただのファンタジーなCMで終わっていないところが、評価ポイントだったのかもしれないと思いました!作者の小笠原さんは、ラジオCMコンテストでも複数受賞されている方で、本当に色々な角度からCMを書かれていて、ぜひ発想法を聞きたいと思っていました! 最も、人類の役に立つ使い方を考えた。 セメダインの意義について…

続きを読む

宣伝会議賞、シルバー受賞者にインタビュー!

宣伝会議賞、発表まで楽しみですね!ヒヒ馬です。今回は、シルバーの受賞者、郡司さんに、コピーの作り方を教えてもらえましたー!プロのコピーライターさんだけありまして、解説も非常に分かりやすいです! 受賞した課題は、アマノフーズのフリーズドライ。そして受賞作品は、こちら! 仕事から帰ってすぐに料理の支度なんて、残業みたいなものです。 帰宅後の料理の支度の面倒くささを、「残業」という言葉でズバッと表現していて、分かりやすいですね!使う場面やターゲットがはっきりしているので、情景や使い方、メリットが一発で分かって、まさにプロのコピーだなと感じました。何となくあてずっぽうで書く自分とは大違い^^; というわけで、郡司さんにコピーの作り方を解説していただきました! みなさま、はじめまして。 長井さんより、コピーの作り方について インタビューの機会をいただきました、 郡司嘉洋と申します。 早速ですが、いいコピーを書くにはズバリ運気を上げることです。 男性誌の最後のページに載っている、 水晶玉のような開運グッズを購入してみるとよいでしょう。これを自宅の風水が良い場所に設置します。するとあら不思議、 運気がもりもり上がって あっという間に受賞間違いなしです!! (おしまい)ウォーミングアップはこんな感じでしょうか(笑) 私は「良いコピーを書くぞ!」と肩肘を張って考えても、 良いコピーを書けた試しがないので、まず、リラックスしてから考えるようにしています。【私が考える、いいコピーの作り方について】1.…

続きを読む

宣伝会議賞、2次通過者にインタビュー!

宣伝会議賞の1次審査通過率は、1.2%です。2次審査通過率は、なんと、0.12%です!そんな狭き門を潜り抜けている人の発想法を、ぜひ知りたい! ということで、昨年の宣伝会議賞で2次通過をした伊禮さんに、インタビューしました!課題はアマノフーズ。フリーズドライというインスタント食品のコピー。その通過した作品がこちら! 「コトコト煮込む、一晩寝かせる」を60秒で。 よく見るキャッチコピーを、逆手に取ったキャッチコピーで、面白いですね!インスタント食品だけど、しっかり作りこまれていることが、伝わってきます。「を60秒で」の裏切りも、気持ちいですね! 本当に機能する、コピーが書きたい。 私が狙っているのは、協賛企業賞です。実際にクライアントの方に使ってもらえるようなコピーを書きたいと思っています。まずは、調べることから始めます。商品の特徴やメリット、課題や、自分がその商品について抱いているイメージなど、まずは調べて、ノートに書きだします。 こういうリサーチの話を聞くと、意識の差を痛感されられます^^; とにかく面白いコピーを書きたいと思っている自分と、本当に買ってもらえるコピーを書きたい、と思っている伊禮さんの違いが、リサーチの質に表れてくるんだろうなぁと改めて感じました。つまり、出だしから意識がすでに違いました! 言葉を、ボンヤリさせない。 インスタント食品は美味しくなさそうという、マイナスのイメージを払拭するコピーを考えました。初めは「60秒で、一流シェフの味。」というコピーだった…

続きを読む