宣伝会議賞、協賛企業賞の受賞者さんにインタビュー!Part4

今日は前回に引き続き、奥村さんに協賛企業賞やコピーについてインタビューします。 …そうなんです。2つも受賞されているんです! 今回の宣伝会議賞、複数受賞が目立った回でもありました。これだけ応募者がいる中での複数受賞って…、やっぱり、秘訣があるに違いない!!というわけで、2つ目の受賞作品から、さらに秘訣を掘り下げていきます! 【課題】パナソニックの電動アシストMTB「XM1」が日本で大流行するアイデア※MTBとは、マウンテンバイクのことです。【受賞作品】限界なんかに挑戦しない。 「はいはい、よくあるコピーね。限界に挑戦…しない!?」みたいな驚きがありますよね(笑) 限界に挑戦することがかっこいいとされている世の中に、待ったをかけるような、常識をひっくり返すコピー。鮮やかですよねぇ。というわけで、引き続き奥村さんにインタビューしていきます! 気になったコピーをさらに考えて進化(深化)させる これはもっと具体的なコピーが選ばれるのかな、と思っていました。「楽しいことに、意地を張らない」というコピーを最初の方で思いついたのですが、それが気になっていて、このコピーをさらに考えて浮かんだのが受賞作の「限界なんかに挑戦しない。」です。気になったコピーをさらに考えて進化(深化)させるのって大事かもしれないですね。実際の仕事では粘り強くいろいろ考えるのですが宣伝会議賞の場合、課題が多いのでそれがなかなかできない。やっぱり粘りは大事じゃないかと、今回の受賞で改めて感じました。 奥村さんに他の作品も見…

続きを読む

宣伝会議賞、協賛企業賞の受賞者さんにインタビュー!Part3

宣伝会議賞の応募を初めて、4年です。ヒヒ馬です。小学校、中学校、高校、大学。全くキャッチコピーなんて知らずに、むしろ、作文の宿題すら面倒くさかった自分が、こうしてブログを更新し続けているなんて、本当、人生って何に興味を持つか分からないですよねぇ(笑) というわけで、コピーライターとして約40年も活躍されている、大ベテランの方に、インタビューできちゃいました!というわけで、課題と、受賞作品が、こちら! 【課題】「霧ヶ峰Style FLシリーズ」を世の中に広く伝えるための、常識や固定概念にとらわれない自由なアイデア※グッドデザイン賞を受賞するほど、見た目にこだわりがあるエアコン。 【受賞作品】 冷やす前からクールです。 このコピーが、クールです。というぐらい、一本取られたようなコピーですね!問題解決であったり、共感できるようなコピーの一方で、こういう言葉遊びのコピーも自分は好みです!「広告を目にする人を楽しませよう」という企業の姿勢まで感じられるサービス精神が、感じられるんですよねぇ。こういうコピーが世の中で多くなったら、広告のイメージって変わるんだろうなぁと思います。…と、話が脱線しましたが、このクールなコピーの作者、奥村さんにインタビューしました! 1番目か2番目に出てきた言葉だった。 これ「かぶる」んじゃないかと思ってたんですよ。だから選ばれたことにすごく驚きました。パーティーで三菱の方に聞いたら同じようなコピーはなかった、って言われて意外でした。まずは「その世界ワード」を探すので…

続きを読む

宣伝会議賞、協賛企業賞の受賞者さんにインタビュー!Part2

SKATが待ち遠しいですねー。ヒヒ馬です。もし発売したら、1次通過作品まで、全作品をザーっと分析したいなと思っております。やばい…、そろそろオタクの域までなっていきそう…。まぁ、オタクでいいか(笑) というわけで、宣伝会議賞、今日は経費精算を自動化するコンカーの、キャッチコピーの受賞作品を分析していきます!課題と作品が、こちら! 【課題】「経費精算する=コンカーする」となるようなアイデア 【受賞作品】精算したお金は、返ってくる。精算した時間は、返ってこない。 精算に苦しんでいる方に、刺さるコピーだと思います!ただでさえ他の仕事で時間がないときに、貯まった領収書を整理して打ち込むなんて、大変ですよね。そんな貴重な時間について、シンプルに目を惹く対句でアピールできているこのコピー。(この"シンプル"が、できそうで、できないんですよねーーー^^;) というわけで、作者の森下さんに、インタビューしました! オリエンから、企業さんの思い入れを読み取る。 まず宣伝会議賞に応募するにあたり、全ての課題を「グランプリ狙い」と「協賛企業賞狙い」の二つに振り分けて取り組みました。過去の受賞作を見るに、前提として世の中の人がその商品や企業をあらかじめ知っている方がグランプリを獲りやすい傾向があるのでは、と考えていました(もちろんその限りではありませんが)。なので、グランプリ狙いはフルスイングで、協賛企業賞狙いは、ちゃんとクライアントの依頼に応えられるよう安打を量産するよう心がけたのがスタートです。 コン…

続きを読む