宣伝会議賞、協賛企業賞の受賞者さんにインタビュー!

公募コンテスト、過疎期です。ヒヒ馬です。 今は販促コンペと、ピンクリボンのコピーにチャレンジしているのですが、得意のラジオCMコンテストの開催が、ありません。この間に、少しでもキャッチコピーを得意にしたい!宣伝会議賞は、キャッチコピーでは何とか2次通過というレベルです。 今年はキャッチコピーでも、頭角を現したい…! というわけで、今日は宣伝会議賞の協賛企業賞の受賞者さんに、コピーの作り方をインタビューをしました! 課題と受賞作品は、こちら!  【課題】  セロテープ70周年に際し、セロテープが環境に優しいことが伝わる広告アイデア  【受賞作品】 天然モノは、貼りが違う。 課題を見たときは「お、セロテープのコピーか。面白そう!」と思っていたですが、「セロテープが環境に優しいことが伝わる」という文字を見て、一気にペンが止まった記憶があります(笑)エコの課題って、実感としても薄いし、優しい言葉になりがちでインパクトも残しづらいしで、考えにくかったです。そして、この受賞コピーを見たときに、「セロテープの特性を強調する切り口もあったのか!」と、ハッとさせられました。「貼りが違う。」これは確かに、作り手側が喜びそうなワードだと、納得の協賛企業賞でした! というわけで、このコピーの作者、小島さんに、作り方をお聞きしました! 受賞作品を思いつくまで ニチバンの担当者のお話によると、ほとんど「エコ・環境」の切り口ばかりで「品質の高さ」を表現…

続きを読む

宣伝会議賞、ファイナリストさんにインタビュー!

宣伝会議賞の全通過作品が載った、SKATが、いよいよ来月発売されますね! 自分のどの作品が、通過しているのか。知り合いの作品は、どういう作品か。どういう作品が、上位に来ているのか。 この1冊だけで、1年は楽しめます! そして今回はなんと…、1次通過作品すべて分析するぜ企画を考えてます(笑)でもその前に、まず、ノミネート作品を分析しなくては…!ということで、今回はセメダインの課題でファイナリストにノミネートされた方に、インタビューしました!課題と作品は、こちら! 【課題】あらゆる産業現場のエンジニアに「技術パートナー」としてセメダインを想起させる広告アイデア【受賞作品】液体ネジ。 もはや、「セメダイン」という商品名よりも、「液体ネジ」という商品名にすれば売れるんじゃないかと思わせるぐらい、発想が面白くて、目が覚めような作品でした!「ネジみたいに強度が強い」という比喩じゃなくて、もはや「これはネジです」と、言い切っちゃう気持ちよさがあります。他の接着剤なら、言い過ぎかもですが、セメダインだから言えるコピーでもあるなとも思いました。本当シンプルなんですが、こういうコピーって、なかなか出ないんですよねぇ。じゃあ、せめてヒントだけでも知りたい!ということで、作者の菊永さんに、作るまでの過程をインタビューしました! エンジニアになりきって考えてみた。 今回のセメダインの課題は【あらゆる産業現場のエンジニアに「技術パートナー」としてセメダインを想起させる広告アイデア】。例年と違って、一…

続きを読む

宣伝会議賞、シルバーの受賞者さんにインタビュー!

SKATも発売されず…。ラジオCMコンペも終わり…。何をすればいいのか、途方に暮れていたそんな中。 宣伝会議賞の受賞者さんで、快くインタビューに応じてくれた方がいらっしゃいましたー! 今回は、シルバーの受賞者さん!授賞式で発表された瞬間に、「あ、取ったな」と思ったほど、印象に残っていたコピーです!というわけで、課題と、受賞作品が、こちら! 【課題】キヤノンの一眼レフ「EOS Kiss X9」で、わが子を撮りたくなるアイデア 【受賞作品】子供の悔し涙は、 遠くから撮るのが愛だと思う。 「悔し涙」と来たかー。と、授賞式を見ながら膝を叩きました。改めて自分のコピーを見直してみたら、「笑顔」ばっかり!きっと応募作品は、ありふれた子供の笑顔であふれていたのではないでしょうか。そんな中、悔し涙を撮ったこの作品。いったいどのようにしてこの切り口を思いつかれたのか。作者の幸田さんにインタビューしました!なぜ、一眼レフで撮るのか、からスタート。 今回の課題が「キヤノンの一眼レフ「EOS Kiss X9」で、わが子を撮りたくなるアイデア」ということでしたので、まずは、どんなときに一眼レフで子供の写真をとりたくなるのか、なぜ一眼レフで撮るのか、というところからスタートしました。私も4歳の子供がいるのですが、日々の生活だとスマホのカメラで十分で、わざわざ一眼レフで撮る意味が必要だなと考えていました。 「親が遠くから撮りたいものって、子供の表情」 コピーを考えているときに、ちょうど子供の運動会がありまし…

続きを読む