【AIから仕事を奪ってください。】シルバー受賞者さんにインタビュー!

この間、台風8号が直撃し、8時間の停電をくらいました。ヒヒ馬です。電気がないと、テレビを見ることも、パソコンをすることも、ゲームをすることもできません。しかし、唯一、できることがありました。それは…、 「コピーを考えること」 紙と、ペンと、「考える頭」があれば、いつでもどこでも仕事ができるなんて、本当、コピーライターって、すごい仕事だなぁと思います。その仕事道具である「考える頭」を、さらに強化させるべく、宣伝会議賞のシルバー受賞者さんにインタビューしましたー!! 課題と受賞作品から見ていきます! 【課題】Yahoo! JAPANに入社したくなるようなコピーを募集【受賞作品】AIから仕事を奪ってください。 意識が高いエンジニア志望の学生に、すごく刺さりそうな、挑戦欲を掻き立てるコピーですよねぇ。暗に「AIではできない仕事が、Yahooにはある」「Yahooは、もう、AIを当たり前のように活用している最先端企業」というニュアンスも伝わって、大手ならではのYahooらしさも伝わってくる、面白いコピーですよね。というわけで、このコピーの作者、眞木さんに、制作秘話をお聞きしました! 連想する言葉をつなぐ 今回の受賞コピーに関して言うと、困ったときに他の多くの方も採用していらっしゃる方法だと思うのですが、連想する言葉をつないでいきました。IT企業の課題という点は意識していたはずです。 求人ー仕事ーAIー奪われる 単純な連なりです。あとは、誰に言わせるかを考えて、ひっくり返しただけです。あまり…

続きを読む

【SKATでは分からない制作秘話】グランプリ受賞者さんにインタビュー!

皆さん、お待たせしました!ついにこのブログで、今回のグランプリ受賞者…!林さんにインタビューすることができましたー!! 本当にこのブログは、皆さんのご協力のおかげで、かけがえのない、ノウハウ本へなっていると、痛感しております。読者の方含め、本当にありがとうございます。 早速、まずは、課題とグランプリ作品から見ていきましょう! 【課題】 生活の100%をカード払いにしたくなった!と思わせるような広告アイデア【受賞作品】現金なんて、お金の無駄づかいだ。 カード払いのポイントという小さいありがたみを、ここまで大きく表現できるのは、さすがですよねぇ。ケチな自分には、結構耳に痛いコピーです(笑)今までの払い方が、無駄遣いだったのかと、真面目に考えれば考えるほど、このコピーは刺さってきます^^;前回の野田さんのインタビューでもありましたが、「得したい」とよりも「損したくない」という感情の方が、日本人って強いのかなぁと考えさせられました。表現も「ん?」と目を惹くもので、本当によくできてますよねぇ。 というわけで、林さんに、このコピーができる過程と、コツをお聞きしました! 「引っかかるもの」 贈賞式でのスピーチの補足になりますが、課題に取り組む際、ノートの他に携帯のメモにも課題ページを作っています。屋外など、ノートが開けない時に対応するためで、そこには『現金は金のムダ』とありました。後日、読み返した時は「言えない」と思いましたが、引っかかるものがあったので考え直しました。結果、「金のムダ=金の…

続きを読む

【SKATでは分からない制作秘話】シルバー受賞者さんにインタビュー!

SKATがまだ届いておりません。ヒヒ馬です。沖縄に住んでいて、唯一のデメリットを感じる日々です(笑) しかし、受賞者さんの貴重なお話は、届いております! というわけで、宣伝会議賞シルバー受賞者さんに、コピーの作り方をインタビューをしました!課題と受賞作品は、こちら! 【課題】"なんとなく"で自動車保険を選んでいる人たちに、「おとなの自動車保険に加入したい!」と思わせる、キャッチフレーズ 【受賞作品】お客さま、このままだと、いいお客さんですよ。 このコピーを見たとき、思わずニヤっと笑みがこぼれました。「面白いなぁ」と、YouTubeを前に呟いてしまった、コピーです(笑)ブラックジョークというか、少し皮肉かかったというか、海外でもありそうな雰囲気の、コピーですよね。大人のシャレというか。あぁ、こういうオシャレなコピー、書いてみたい。。 このコピーの作者、野田さんは、宣伝会議賞で過去に10個以上も賞を取られている大ベテラン。きっと、独自のすごいテクニックを持ち合わせているに違いないと思っていました。しかし、考え方は、とても分かりやすく、シンプルなものでした! 受賞作品を思いつくまで。 このコピー、極めて普通のプロセスを踏んで生まれたものと思っています。 「何を言うか」については、切り口はいたって平凡です。 『"なんとなく"で自動車保険を選んでいる人たちに、 「おとなの自動車保険に加入したい!」と思わせる、キャッチフレーズ』 ですので、課題に忠実に考えれば、ベースは自ずと 、…

続きを読む